読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背景は黒、文字は白(電書の読書環境のこと)

なんとなく、白強めのデザインが眩しかったので、黒地に白文字なデザインへ変更してみました。。

 

haretarabook.com

みかこさんの今日の更新を見に行って、サイドバー辿って特集記事を見ていたら上記にたどり着きまして、面白かったです。

「端末何使ってますか?」

「直接ダウンロードです」

「どこにダウンロードされてます?」

「脳?」

とか言われたら信じるw みかこさん速読とか出来るのかな。読むのも書くのも凄まじい速さで、しかも継続されているし。高性能すぎる。

で。電書をどんな環境で読んでるかって、面白いなと思ってこの文章書いてます。

 

f:id:z00101techi:20170313200007p:plain

iPad Aer2

軽いし、私が使う「Kindle」「ブックウォーカー」「kobo」もサクサク動くし、メイン環境ですね。ただ、粗忽者なので、iPad割るんですよ。なので携帯はしません。

 

iPod touch

長文を書くこと以外は、ほとんどこれで用事済ませてるかも。コミックスも読めないことはないし、電書読む程度なら十分パワフルですね。ただ、表示できる活字の量が少ないので(画面狭いから)、超ページめくりしないといけないのが不便です。不便ですが、荷物にならないのがいいです。

 

電子書籍リーダー

300dpiくらいのやつ使ってます。漫画も読もうと思えば読めますけれど、タブレットのさくさく感に慣れると、どうしてもモッサリしてます。でも、活字の本を詰め込んで、気軽に外に連れ出せるのはいいです。太陽の下でも紙の本と同じように読めますし、まぶしくないし、タブレット等と比べれば安いので、カバンに入れて連れ歩けるのも嬉しいです。ただ、タブレットと違ってショップに縛られちゃうのは不便ですね。

 

表示設定

ラノベ読んでると挿絵とか、特殊なフォントを画像で表示してるケースとか、デザインが台無しになるのですが、黒地に白文字で読んでます。3つのアプリとも全部。漫画は設定反映されないので無意味ですけど、ePub読む時は、長時間読むと目が疲れるんです。ブルーライトカットなんとかとかすればいいのでしょうけど、設定で対応してみました。慣れると、これはこれで落ち着きます。

 

ブックウォーカーアプリ

そんなに使ってなかったので、今、慣れてるとこですね。文字にマーカー引きたいんですけど、上限あるのですね。メッセージ表示されてびっくりしました。Kindlekoboでは経験ないので。マーカーの引きにくさはkoboと同じくらいかな。電書の全文検索は、Kindlekoboと比べると時間かかる印象でした。

慣れてないだけかもしれないですが、クラウドから本棚を指定してダウンロードし、読み終えてデータ削除しても本棚に書影が残るので、一覧に戻って本棚から外す操作をするのがめんどいかなあ。

 

koboアプリ

前のデザインに戻して……。直感的でとても使いやすかったのですけど、最近新しいデザインというかUIになって、色々諦めました。ホーム画面がごちゃごちゃしてて、無理やりオススメの本が表示されるのも辛いんですけど、自分の蔵書を一覧したい時とか、私には合わない感じです。ブックウォーカーでも出来るけど、アーカイブ機能(クラウド上での非表示化)があるのは長所ですね。

 

Kindleアプリ

買って、落として、読むことに特化してますね。アーカイブ機能無いですし、ホームページでコンテンツの「削除」を選ぶと、買ったこと自体を放棄することになるし。怖い。でも、マーカー引きやすいし、クラウドと端末の関係も分かりやすいですね。全文検索も早い気がするし、ページを折ったり(栞かな)、マーカー引いた箇所を一覧できるし、快適です。

ブックウォーカーだとお得に買える、Kindleだとブックウォーカーほどポイント付かないこともあるけれどアプリ使いやすいし、電子書籍リーダーで読むオプションもある(これはkoboも同じことですね)

 

電書じゃないけど紙媒体

これまで読んだ総数で考えると、紙の本が大半で、電書は1000冊前後なんですよね。まだ、紙の本で読んだ方が快適かなあ。「欲しい時に瞬時に買える」「収納場所に困らない」「どこに収納したか、室内で本が遭難しない」「電書は書名で検索かけられる」などのメリットを取って、「紙媒体の方が読みやすい」部分は目をつぶってる感じです。

「いらない本を処分する必要が無い」というのも、ありがたいかなあ。

紙の本の良いところは、現物が目の前にあればすぐ買えるし、単行本であれ文庫本であれ、歴史がある分だけ洗練されているし、そうそう壊れないから、多少乱暴に扱っても大丈夫だし、気に入ったら人に貸して布教できる点とかかな。それと何より、「発売日」が電書より優先されてること。電書と紙の本が両方同日リリースってまだ少ないですよね。待つのなかなかしんどいものがあります。

その代わり、電書になってしまえば「品切れ」は起きないのは電書の強みですね。

 

 

そうそう。Nexus7使いだったみかこさんは、現在iPad mini使いになられたそうです。